バイアグラのジェネリックについて - 世界初のED治療薬バイアグラ|ED治療の新たな選択し

バイアグラのジェネリックについて

ジェネリックとはは、他の企業が特許のすでに切れた先発医薬品を、後発的に製造・販売した後発医薬品のことをさします。

バイアグラは1998年にファイザー社からED治療薬として、発売されました。発売直後からマスコミやインターネットなどで「夢の薬」「画期的新薬」と騒がれ、日本にも多くの個人輸入代行業者の手によってもたらされるようになりました。

男女

バイアグラのジェネリックの詳細

今までバイアグラを始めとしたED治療薬は特許期間中であったため、これらのジェネリックも作ることが不可能でした。しかし、バイアグラの特許は物質特許が2013年5月17日に切れて、2014年から、バイアグラと同様な効果のバイアグラジェネリックが発売されております。

多くの製薬会社がバイアグラのジェネリックを作り、各クリニックでもいくつかの種類が取り扱われています。ジェネリックは新薬に比べて値段がより安くしているため、これまでよりも費用負担を少なくすることができます。バイアグラジェネリックの誕生により、ED治療薬は使用しやすくなったのです。ただし、バイアグラジェネリックも値段が定まっていない自由診療であるため、各クリニックによって価格が異なることはご理解いただきたいです。  

以下はバイアグラのジェネリック医療品です。

カマグラとは、インドのムンバイに本拠を構えるアジャンタ・ファーマ社という製薬会社が製造及び販売しているバイアグラのインド製ジェネリック医薬品です。インド国内用で発売されている「カマグラゴールド」と輸出用の「カマグラ」の2種類があり、有効成分はどちらもバイアグラと同じシルデナフィルです。

ペネグラは、インドの Zydus Cadila 社という大手製薬会社が製造販売しているバイアグラのインド製ジェネリック薬品です。日本からは撤退しましたが今でも世界60カ国以上でザイダス社のジェネリック医薬品が各国の公的機関から認可を得て販売されています。

バイアグラの通販情報