バイアグラの有効成分と効果・効能 - 世界初のED治療薬バイアグラ|ED治療の新たな選択し

バイアグラの有効成分と効果・効能

バイアグラの有効成分

バイアグラに含まれる有効成分は「シルデナフィル」です。この成分がどのくらい含まれているかで[25mg][50mg]と呼び名が変わります。例えば「バイアグラ50mg」の場合、含有しているシルデナフィルクエン酸塩は70.32mgですが、その中の有効成分であるシルデナフィルが50mg含まれているということになります。


また、シルデナフィルは勃起不全改善以外にも効果効能があるのをご存じでしょうか?薬剤名はバイアグラではなく「レバチオ」という薬です。国に難病指定されている「肺動脈性肺高血圧症」の治療薬として日本の厚労省から認可され、2008年4月より発売されています。ちなみにレバチオは、シルデナフィルクエン酸塩28.090mg中、シルデナフィルを20mg含んでおり、1日3回服用するお薬です。

バイアグラの効果・効能

常に陰茎が勃起した状態では不都合なので、人間の体内には勃起を抑制する酵素があります。しかし、この酵素が優勢なままだと勃起不全になってしまいます。バイアグラに含まれる成分は、この勃起抑制酵素の働きをさまたげることで勃起を促進。この際、性的興奮を脳が感じて陰茎に指令を出さない限り勃起には至りません。バイアグラを飲んだからといってずっと勃起したままにはなりませんのでご安心ください。


なお、時々誤解をしている方もいらっしゃいますが、バイアグラはいわゆる精力剤や媚薬のようなものとは異なり、性的な興奮を増大させることはありません。あくまで血流を改善して勃起を促進するためのものです。従って、そもそも陰茎の無い女性には効果がありません。ただし、血流が良くなることにより女性器周辺の神経が敏感になり、性的感度が上がる場合もあるのでは、という意見もあります。しかしこの点については、未だ医学的・心理的裏付けが無いので憶測の域を出ていません。

バイアグラの通販情報