気になるバイアグラの副作用 - 世界初のED治療薬バイアグラ|ED治療の新たな選択し

気になるバイアグラの副作用

バイアグラは1998年にファイザー社から開発·発売されたED治療薬です。世界中で何千万の男性を支えるバイアグラは日本では1999年1月25日にバイアグラの効果が正式に承認され、同年3月23日よりファイザー株式会社より医療機関向けに販売が開始されました。日本で発売されたバイアグラは成分量によって、100mgと50mgの二種類があります。本ページはバイアグラ副作用について紹介します。

副作用の詳細

バイアグラは重大な副作用の危険が少なく安全なお薬ですが、医薬品である以上、副作用は避けられません。個人差もあり、強く起きることもあります。バイアグラを服用した時に現れる副作用として、 顔のほてりや紅潮(血管拡張時に起こる症状)、動悸、頭痛、消化不良や胸焼け、鼻づまりなどが挙げられます。

バイアグラの成分には血行を促す効果があるため、全身におよぶため、鼻粘膜の充血による鼻詰まりや鼻血、消化管の充血による消化不良などの症状が現れることもあります。その他には、人によっては「めまい」「視覚障害」が表れる事もありますので、自動車の運転などをする際はご注意下さい。処方された量以上を服用する事で、効果が増大する事はありません、かえって副作用が新たに出たりもしますので、自身で服用する量を増やさないで下さい。

具体数字

承認時の国内臨床試験157例において、65例(41.40%)に副作用又は臨床検査値異常が認められた。主な副作用又は臨床検査値異常は、血管拡張(ほてり、潮紅)17例(10.83%)、頭痛17例(10.83%)、CK(CPK)増加9例(5.73%)等であった。

外国で実施された第Ⅱ相試験及び第Ⅲ相試験823例において、261例(31.71%)に副作用又は臨床検査値異常が認められた。主な副作用又は臨床検査値異常は、血管拡張(ほてり、潮紅)125例(15.19%)、頭痛109例(13.24%)、消化不良28例(3.40%)等であった。

バイアグラの通販情報